プロフィール

フォトアルバム

よしこ

趣味でお洋服やアクセサリーなどを作っております。 ブログ管理をなかなかしなくてすみません。ホント許してちょ。メインは地元のイベント(即売会)参加で活動してます。最近はお知り合いさんも増えてうれしいです♪ さらに精進していきたいです。 ネットでは、「フリル」「メルカリ」「オタマート」というフリマアプリで作品を販売しております。 興味持っていただけた方は、ごらんになっていただけると嬉しいです。 今は「ゴシック」や「アクセサリー」「レジメンタル JSK」で検索して下さると 粉雪、神楽舞香の名前が出てくると思います。 一つ一つ丁寧に作ることを心がけております。 もしものお問い合わせはメールでお願いします。  koyuki101☆cnc.bbiq.jp(☆を@に代えて下さいね)

Powered by Six Apart

« 久留米ハンドメイドフェスタ9 ありがとうございました。 | メイン

2017年8月 9日 (水)

お花に水をやるように

お久しぶりです。

このところ、ここ放置してばかりでした。💦

いかんですね~。

今月はイベントもあるというのに。

いつもの服飾についての話は、今日はやめて、別のお話をしようと思います。

(私は、心理学とセラピストのお勉強を今やっておりますが、

自分のこれまでを、そしてこれからを考えるために、

更に、勉強しようという出来事があったからです。)

突然ですが、

私の父は、いわゆる「鬼籍の人」になっております。

生前中の父はおそろしいという印象が・・・。フフ。いやほんと怖かったです。

100%のうちに95%はそれかな。(笑)

いやいや、でもそれだけではないです。 もうひとつ。

それはそれは緑の手を持つ人でした。

どんなに荒れた土地でも、枯れた土地でも、父の手にかかれば、

植物が見事に育つのです。

それはそれは羨ましいほどでした。

きっと、父にはわかっていたんです。

どのくらい耕して、水や栄養をあたえればよいのかを。

手をかけた父の気持ちが植物たちに伝わったのか。

それとも、植物の気持ちが父にはわかったのか。

両方なのかもしれないけれど。

私は全然その父の遺伝は受け継げず(汗)

何を育てても長続きせず、枯らしてしまう。

いわゆる「茶色の手」の持ち主。

性格ではあるんですけどね。このくらいでいいや・・・・みたいな。

でも、

子育てにおいて、ほどほどの緑の手は必要なんだよな‥‥という

気持ちはずっと持ってきました。

花に水をやるように、栄養を与えるように、日の光をあびるように。

人間が育っていくためにも、そういったものが必要なんだろうと思います。

でも、人はいつからか、しらないうちにマヒして、大切なことを忘れがちになるのかもしれないです。

人が育っていくというのは、とても奇跡的なことで。

その日その日が無事に過ぎていくという事は、本当に奇跡の積み重ねなんだということを。

いつか、それを忘れて、当たり前のこととして過ごしているうちに、

何かしら、気づかされるために「何かが」起きるのだと思います。

こんなにも大切なことだったのかと。

無くして初めて気づく。

でも、無くしてからでは遅すぎる。

あたりまえなんてことは、これぽっちもない。

当たり前のように、目の前にあるけれど、

それはいつ失ってしまうかわからないのです。

本当に大切な命なのです。

「ありがとう」を忘れないようにいきていきたいと思います。

それを忘れないためにも、これからも勉強を続けていきたいと思います。

私は今までいろんな方のおかげでこうして生きてこられた。

そのことを忘れずに生きていきたい。

たまに忘れちゃうこともあるけど、すぐに思い出したい。

いつも皆さんありがとうございます。感謝しています。

コメント

コメントを投稿